剣道場床工事40年、剣道場床工事日本一の武床工舎

直心影流

直心影流は、幕府講武所の頭取となり、幕末最高位の剣術家と認められた男谷下総守信友を第一三世宗家とし、第一四世宗家榊原健吉、第一五世宗家山田次郎吉、一六世加藤完治、一七世酒井章平まで続いた剣術です。
勝海舟、島田虎之助ほか、幕末の大剣豪、明治の大剣術家がいます。

日本伝統技術保存会では、酒井先生から学んだ、正統直心影流「法定の型」を稽古します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP