剣道場床工事40年、剣道場床工事日本一の武床工舎

伝統造園

  • HOME »
  • 伝統造園

和風とモダンが溶け合う庭

zouen1
 
作庭は何流ですか?
玄関へのアプローチ一つをとっても、日本人の心にあった佇まいほど、心を癒す力があります。
伝統的な本物の作庭法は、モダンな家にもピタリと溶け込みます。
日本伝統技術保存会の匠は、伝統技術を身に付けた本物の職人芸で、皆様の庭園つくりを手伝います。


zouen2
zouen3


同じような庭に見えますが、大きさの違いが分かるでしょうか。
右は五〇坪、左は四〇〇坪の庭です。
大きい庭には迫力のある材料で、小さな庭には気品のある材料で、石や樹木を据付けていきます。
庭が表現しているのは、大和心。
厳しい修行を積んでいる匠が、庭の大小に関わらず、命懸けで取り組みます。
日本伝統技術保存会の匠が作庭しました。
 

石積み

 
zouen4
 
最も日本らしい石積み法と云われる「崩れ積み工法」です。
一番安価で一番頑丈一番風情が出る。匠の大好きな工法です。
これから年月が加わると、次第に、なんとも云えない味がでてきます。
いつまでも、施主の心を、楽しませてくれるでしょう。
日本伝統技術保存会の匠が作庭しました。
 

苔庭

 
zouen5
 
作庭の決め事では、砂利は海に、苔は山に見立ます。
しかし、地方の庭には、海から木が生えることも多い。
せっかくの普請を成功させるのは、伝統の技を持つ匠のみができることです。
日本伝統技術保存会の匠が、皆様の作庭に協力します。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-6610-4470 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら
  • facebook

外部ブログ

PAGETOP